DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

DoEventsを行う

VB6のDoEventsと同様のものは、「System.Windows.Forms.Application.DoEventsメソッド」です。.NET Framework 2.0以降のVB.NETでは、「My.Application.DoEvents」を使うこともできます。

ただしDoEventsメソッドには欠点が多く意外と危険なため、できれば使うべきではありません。.NET Frameworkはマルチスレッドアプリケーションの作成に対応しているため、DoEventsを使うよりマルチスレッドとすることをお勧めします。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'メッセージキューに現在あるWindowsメッセージをすべて処理する
System.Windows.Forms.Application.DoEvents()
C#
コードを隠すコードを選択
//メッセージキューに現在あるWindowsメッセージをすべて処理する
System.Windows.Forms.Application.DoEvents();
  • 履歴:
  • 2007/2/10 .NET Framework 2.0に関する情報を追加。
  • 2013/12/16 DoEventsメソッドの危険性について追記。

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。