DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

ダブルクォテーション(")をダブルクォテーションで囲まれた中に記述する

ここでは例えば、「a"b"c」という文字列をString型の変数に代入するにはどのようにすればよいかについて説明します。

VB.NETの場合

まずVB.NETの場合です。文字列リテラルは"で囲むことにより指定しますが、"で囲んだ中で"という文字を表現するには、「""」と"を2回繰り返します。つまり、下のコードのような感じです。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
Dim str As String

'「a"b"c」という文字列をstrに代入する
str = "a""b""c"

'「"」一文字をstrに代入する
str = """"

また、"がASCIIコード34であることを利用して、Chr(34)で"文字を指定することもできます。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
Dim str As String

'「a"b"c」という文字列をstrに代入する
str = "a" + Chr(34) + "b" + Chr(34) + "c"

C#の場合

C#でも同様に、"で囲むことにより文字列リテラルを指定しますが、C#では「\"」とすることにより、「"」が表現されます。@"..."形式(逐語的リテラル文字列)の場合は、VB.NETと同様に、「""」と"を2回繰り返します。

C#
コードを隠すコードを選択
string str;

//「a"b"c」という文字列をstrに代入する
str = "a\"b\"c";
str = @"a""b""c";

//「"」一文字をstrに代入する
str = "\"";
str = @"""";

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。