DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

アプリケーションのアイコンを変更する

アプリケーションの実行ファイルのアイコンを変更する方法を紹介します。なおアイコンは .ico ファイルとしてすでに用意されているものとします。

フォームの左上(コントロールボックス)に表示されるアイコンや、タスクバーに表示されるアイコンを変更する方法は、「フォームの左上(コントロールボックス)やタスクバーに表示されるアイコンを変更する」で説明しています。

Visual Studio 2005以降

  1. アイコンを変更したいプロジェクトをソリューションエクスプローラで右クリックしてポップアップメニューを表示させ、「プロパティ」をクリックします。
    プロジェクトのプロパティの選択
  2. 「アプリケーション」タブにある「アイコン」にアイコンファイル .ico を指定します。

    下の画像はVB.NETです。
    VB.NETのアイコンの変更

    下の画像はC#です。
    C#のアイコンの変更
  3. 以上です。コンパイルすると、実行ファイルのアイコンが変わっています。

Visual Studio 2003以前

  1. ソリューションエクスプローラでプロジェクトを選択し、メニューの「プロジェクト」-「プロパティ」から「プロパティページダイアログ」 を表示します。
  2. 「共通プロパティ」-「ビルド」(C#では「全般」)を表示します。
  3. 「アプリケーションアイコン」でアイコンファイルを選択します。
  4. 下の画像はVB.NETでアイコンを変更しているところです。
  5. 「OK」をクリックして設定終了です。コンパイルすると、実行ファイルのアイコンが変わっています。

コンパイラオプションを使った方法

vbc.exeまたはcsc.exeを使ってコンパイルする時は、コンパイラオプション"/win32icon"でアイコンファイルを指定できます。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
vbc t2.vb t3.vb /win32icon:app.ico
C#
コードを隠すコードを選択
csc t2.cs t3.cs /win32icon:app.ico

実行ファイルに複数のアイコンを埋め込む

EXEファイルのショートカットを作成したとき、ショートカットのプロパティの「アイコンの変更」でアイコンを変更することができます。もしEXEファイルに複数のアイコンが埋め込まれていれば、その中からショートカットのアイコンを選ぶことができます。しかし上記の方法では、EXEファイルに1つのアイコンしか埋め込むことができません。

複数のアイコンを埋め込むならば、Win32リソースとして複数のアイコンを埋め込みます。Win32リソースを埋め込む方法は「Win32リソースを実行ファイルに埋め込む」で詳しく説明していますので、これを参考にして複数のアイコンをEXEファイルに埋め込んでください。

複数のアイコンを埋め込んだ場合、EXEファイルのアイコンはリソースの値(リソース名)が一番小さいアイコンになりますので、リソースの値にも注意してください。

  • 履歴:
  • 2010/4/17 Visual Studio 2005以降の方法を追加(コメントでご指摘頂きました)。画像の追加。「コンパイラオプションを使った方法」のサンプルの追加。
  • 2010/4/27 「実行ファイルに複数のアイコンを埋め込む」を追加。

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。