DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

フォームにスクロールバーをつける

フォームのAutoScrollプロパティをTrueにすることにより、内部のコントロールをスクロールすることができるようになります。

コードにより設定を変更するには、次のようにします。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'必要なとき自動的にフォームにスクロールバーが表示されるようにする。
'フォームに表示されない位置にコントロールがあるとき、
'そのコントロールが表示されるようにスクロールバーが表示される。
Me.AutoScroll = True
'AutoScrollMarginを指定するとマージンのサイズを設定できる。
Me.AutoScrollMargin = New Size(10, 10)
'AutoScrollMinSizeを指定すると
'スクロールバーを表示する最小サイズを設定できる。
Me.AutoScrollMinSize = New Size(100, 100)
'AutoScrollPositionを指定すると位置を設定できる。
Me.AutoScrollPosition = New Point(-50, 50)
C#
コードを隠すコードを選択
//必要なとき自動的にフォームにスクロールバーが表示されるようにする。
//フォームに表示されない位置にコントロールがあるとき、
//そのコントロールが表示されるようにスクロールバーが表示される。
this.AutoScroll = true;
//AutoScrollMarginを指定するとマージンのサイズを設定できる。
this.AutoScrollMargin = new Size(10, 10);
//AutoScrollMinSizeを指定すると
//スクロールバーを表示する最小サイズを設定できる。
this.AutoScrollMinSize = new Size(100, 100);
//AutoScrollPositionを指定すると位置を設定できる。
this.AutoScrollPosition = new Point(-50, 50);

AutoScrollプロパティはPanelコントロールなどにもあり、これらのコントロールでも同じようにスクロールバーを表示できます。

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。