DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

.NET Framework再頒布可能パッケージの中身を見てみる

注意:この記事では.NET Framework 2.0までについてのみ記述しています。

これはTipというより、「解剖」という感じでしょうか。

.NET Framework 1.1以前

.NET Framework再頒布可能パッケージはVersion 1.0が「dotnetredist.exe」、1.1が「dotnetfx.exe」というファイル名でマイクロソフトのサイトからダウンロードできます。

これらのファイルはCabの自己展開書庫ですので、アーカイバで展開することができます。実際に展開してみると、次のようなファイルが作成されます。

・.NET Framework 1.1再頒布可能パッケージ(dotnetfx.exe)を展開した時に作成されるファイル

ファイル名 サイズ(バイト) 製品バージョン
install.exe 98,304 1.1.4322.573
InstMsi.exe 1,707,856 2.0.2600.1
InstMsiW.exe 1,821,008 2.0.2600.0
netfx.msi 5,942,272  
netfx1.cab 14,638,532  

・.NET Framework 1.0再頒布可能パッケージ(dotnetredist.exe)を展開した時に作成されるファイル

ファイル名 サイズ(バイト) 製品バージョン
dotnetfx.exe 22,702,664 1.0.3705.15

・dotnetredist.exe内のdotnetfx.exeを展開した時に作成されるファイル

ファイル名 サイズ(バイト) 製品バージョン
install.exe 98,304 1.0.3705.0
InstMsi.exe 1,707,856 2.0.2600.1
InstMsiW.exe 1,821,008 2.0.2600.0
netfx.msi 5,942,272  
netfx1.cab 13,754,653  

この内、InstMsi.exeとInstMsiW.exeはWindows Installer 2.0再頒布可能パッケージです。よって、dotnetfx.exeにはWindows Installer 2.0再頒布可能パッケージが含まれていることが分かります。(現在マイクロソフトからダウンロードできるWindows Installer 2.0 Redistributableファイルの製品バージョンは2.0.2600.2ですので、同じではありません。)

dotnetfx.exeを実行すると、ファイルを展開し、install.exeを実行します。install.exeはコンピュータにWindows Installer 2.0以上がインストールされているか調べ、されていなければ、InstMsi.exeまたはInstMsiW.exeにより、Windows Installer 2.0をインストールします。その後、netfx.msiを実行して.NET Frameworkをインストールします。

以上から、.NET FrameworkはMSIファイルによりインストールされ、またdotnetfx.exeとWindows Installer 2.0以前の再頒布可能パッケージを同時に配布するのは意味がないということが分かります。

.NET Framework 2.0

.NET Framework 2.0再頒布可能パッケージの中身は、1.1とは大きく異なります。2.0の再頒布可能パッケージには、Windows Installerの再頒布可能パッケージが含まれていません。しかし、install.exeがnetfx.msiを実行してインストールする点は同じです。

  • 履歴:
  • 2007/1/15 .NET Framework 2.0に関する記述を追加。

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。