DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

DataGridViewのヘッダーセルを取得する

注意:DataGridViewコントロールは、.NET Framework 2.0で新しく追加されました。

DataGridViewの個々のセルは、DataGridViewCellクラスで表されます。ヘッダーもまた然りです。列ヘッダーはDataGridViewColumnHeaderCellクラス、行ヘッダーはDataGridViewRowHeaderCellクラス、DataGridViewの左上隅の行ヘッダーと列ヘッダーの交わる箇所はDataGridViewTopLeftHeaderCellクラスで表され、これらはDataGridViewCellクラスの派生クラスです。

DataGridViewの列ヘッダーセルを取得するにはDataGridViewColumn.HeaderCellプロパティを、行ヘッダーを取得するにはDataGridViewRow.HeaderCellプロパティを、左上隅のセルを取得するにはDataGridView.TopLeftHeaderCellプロパティを使用します。

ヘッダーセルを取得して、Valueプロパティを変更することにより、ヘッダーに表示するテキストを変更する例を示します。この方法は、「DataGridViewのヘッダーの文字列を変更する」で詳しく説明しています。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'DataGridView1のはじめの列のテキストを変更する
DataGridView1.Columns(0).HeaderCell.Value = "はじめの列"

'DataGridView1のはじめの行のテキストを変更する
DataGridView1.Rows(0).HeaderCell.Value = "はじめの行"

'DataGridView1の左上隅のセルのテキストを変更する
DataGridView1.TopLeftHeaderCell.Value = "左上"
C#
コードを隠すコードを選択
//DataGridView1のはじめの列のテキストを変更する
DataGridView1.Columns[0].HeaderCell.Value = "はじめの列";

//DataGridView1のはじめの行のテキストを変更する
DataGridView1.Rows[0].HeaderCell.Value = "はじめの行";

//DataGridView1の左上隅のセルのテキストを変更する
DataGridView1.TopLeftHeaderCell.Value = "左上";

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。