DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

DataGridViewに新しく追加される行のセルの既定値を指定する

注意:DataGridViewコントロールは、.NET Framework 2.0で新しく追加されました。

新しい列が追加された時に、そのセルの既定値(デフォルト値)となる値を指定するには、DataGridView.DefaultValuesNeededイベントを使用します。DefaultValuesNeededイベントではセルの値の既定値だけでなく、セルスタイルやReadOnlyなどのプロパティの既定値を指定することもできます。

次の例では、Column1列の既定値を0、Column2列の既定値を"-"に設定しています。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'DefaultValuesNeededイベントハンドラ
Private Sub DataGridView1_DefaultValuesNeeded(ByVal sender As Object, _
        ByVal e As DataGridViewRowEventArgs) _
        Handles DataGridView1.DefaultValuesNeeded
    'セルの既定値を指定する
    e.Row.Cells("Column1").Value = 0
    e.Row.Cells("Column2").Value = "-"
End Sub
C#
コードを隠すコードを選択
//DefaultValuesNeededイベントハンドラ
private void DataGridView1_DefaultValuesNeeded(object sender,
    DataGridViewRowEventArgs e)
{
    //セルの既定値を指定する
    e.Row.Cells["Column1"].Value = 0;
    e.Row.Cells["Column2"].Value = "-";
}

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • イベントハンドラの意味が分からない、C#のコードをそのまま書いても動かないという方は、こちらをご覧ください。
  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。