DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

TextBox(またはRichTextBox)でEnterキー、Tabキーを有効にする

複数行テキストボックスでEnterキーを押すと、同じフォームに既定ボタン(AcceptButton)が指定されている時は、デフォルトでそのボタンがアクティブになります(AcceptButtonが指定されていない時は改行されます)。このような時に改行を行うには、Ctrlキーを押しながらEnterキーを押す必要があります。

もしこのようなケースでもEnterキーだけで改行をしたいならば、テキストボックスコントロールのAcceptsReturnプロパティをTrueにします(RichTextBoxにAcceptsReturnプロパティはありません)。

また、複数行テキストボックスでTabキーを押すと、デフォルトでは次のコントロールにフォーカスが移動し、タブ文字は入力されません。タブ文字を入力できるようにするには、テキストボックスコントロールのAcceptsTabプロパティをTrueにします。なお、AcceptsTabプロパティをTrueとした時に次のコントロールにフォーカスを移すには、Ctrlキーを押しながらTabキーを押します。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'TextBox1での複数行入力を可能にする
TextBox1.Multiline = True
'Enterキーで改行するようにする
TextBox1.AcceptsReturn = True
'Tabキーでタブ記号が入力されるようにする
TextBox1.AcceptsTab = True
C#
コードを隠すコードを選択
//TextBox1での複数行入力を可能にする
TextBox1.Multiline = true;
//Enterキーで改行するようにする
TextBox1.AcceptsReturn = true;
//Tabキーでタブ記号が入力されるようにする
TextBox1.AcceptsTab = true;

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。