DOBON.NET プログラミング道: .NET Framework, VB.NET, C#, Visual Basic, Visual Studio, インストーラ, ...

ProgressBarでバーが右から左に伸びるようにする

通常のProgressBarコントロールでは、バーが左から右に伸びていきます。もし右から左にバーを伸ばしたいのであれば、ProgressBarのRightToLeftプロパティをRightToLeft.Yesにして、さらにRightToLeftLayoutプロパティをTrueにします。

バーが右から左に伸びるプログレスバー

ただしRightToLeftLayoutプロパティは.NET Framework 1.1以前では使用できません。.NET Framework 1.1以前では、プログレスバーを自分で描画することでバーが右から左に伸びるようにすることができます。プログレスバーを自分で描画する方法は、「ProgressBarの色を変える」で説明しています。

下の例では、ProgressBar1のバーが右から左に伸びるようにしています。

VB.NET
コードを隠すコードを選択
'Imports System.Windows.Forms

'ProgressBar1のバーが右から左に伸びるようにする
ProgressBar1.RightToLeft = RightToLeft.Yes
ProgressBar1.RightToLeftLayout = True
C#
コードを隠すコードを選択
//using System.Windows.Forms;

//ProgressBar1のバーが右から左に伸びるようにする
ProgressBar1.RightToLeft = RightToLeft.Yes;
ProgressBar1.RightToLeftLayout = true;

注意:この記事では、基本的な事柄の説明が省略されているかもしれません。初心者の方は、特に以下の点にご注意ください。

  • コードの先頭に記述されている「Imports ??? がソースファイルの一番上に書かれているものとする」(C#では、「using ???; がソースファイルの一番上に書かれているものとする」)の意味が分からないという方は、こちらをご覧ください。
  • .NET Tipsをご利用いただく際は、注意事項をお守りください。