DOBON.NET: プログラミング(.NET Framework, VB.NET, C#, ...), ソフトウェア配布, etc...

改名機書式の具体例

ここでは改名機の書式の例をいくつか示します。すべて関数形式ですので、Ver 0.90以上で使用できます。また、一部の書式は都合に合わせて編集しないと使用できませんので、ご注意ください。

ファイルの変更」「ファイルのタイムスタンプの変更」「ファイルの属性の変更」をいっぺんに行うには、それぞれの書式を"&"で連結してください。

メニュー

ファイル名の変換

用途 書式
拡張子を"jpg"に変換 FileName & ".jpg"
大文字に変換 Format(Name,">")
大文字に変換(上記と別の方法) StrConv(Name,1)
小文字に変換 Format(Name,"<")
小文字に変換(上記と別の方法) StrConv(Name,2)
先頭の文字を大文字に変換 StrConv(Name,3)
半角文字を全角文字に変換 StrConv(Name,4)
全角文字を半角文字に変換 StrConv(Name,8)
ひらがなをカタカナに変換 StrConv(Name,16)
カタカナをひらがなに変換 StrConv(Name,32)
ファイル名を小文字に、全角文字を半角文字に、カタカナをひらがなにする StrConv(Name,42)
DOS形式(8.3形式)のファイル名に変換 ShortName
"kaimei" という文字列を"改名"に置き換える

Replace(Name,"kaimei","改名")

"abc"という文字列を削除する Replace(Name,"abc","")
更新日時の時間をファイルの名前の後ろに付ける FileName & Format(LastWriteTime,"hh.") & Extention
現在の日時の、年、月、日、時、分、秒を"-"で結んでファイル名にする Format(Now,"yy-m-d-h-m-s")
ファイルの名前の右から4文字と拡張子.gifを付けて新しいファイル名にする Right(FileName,4) & ".gif"
ファイルの名前の左から4文字と拡張子.gifを付けて新しいファイル名にする Left(FileName,4) & ".gif"
ファイルの名前に16進法の数が使われているとして、これを10進法に直す Val("&H" & FileName) & "." & Extention
"test"という文字に1から始まる連番を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする) "test" & Index & ".jpg"
"test"という文字に1から始まる連番を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする)(上記と別の方法) "test" & Number("n",1,"n+1") & ".jpg"
"test"という文字に1から始まる連番(16進数)を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする) "test" & Hex(Index) & ".jpg"
"test"という文字に1から始まる連番(8進数)を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする) "test" & Oct(Index) & ".jpg"
"test"という文字に1から始まり倍々になる数字を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする) "test" & Number("n",1,"n*2") & ".jpg"
"test"という文字に最後のファイルが1になるような連番を付けて新しいファイル名にする(拡張子はjpgとする) "test" & (Count-Index+1) & ".jpg"
"a"を1つずつ増やしてファイル名にする String(Index,"a")
ファイルサイズをファイルの名前にする Size & "." & Extention

ファイルのタイムスタンプの変更

用途 書式
2001/1/1 1:00:00 を作成日時にする SetCreationTime("01/1/1 1:00:00")
2001/1/1 1:00:00 を更新日時にする SetLastWriteTime("01/1/1 1:00:00")
作成日時を現在の日時にする SetCreationTime(Now)
ファイルの更新日時を1時間進める SetLastWriteTime(LastWriteTime + CDate("1:0:0"))
ファイルの更新日時を1年進める SetLastWriteTime((Format(LastWriteTime,"yyyy") + 1) & Format(LastWriteTime,"/m/d h:m:s"))
ファイルの更新日時を3日進める SetLastWriteTime(LastWriteTime + 3)

ファイルの属性の変更

用途 書式
すべての属性を解除 SetAttr(0)
読み取り専用にする SetAttr(1)
読み取り専用属性を付加 SetAttr("+R")
読み取り専用属性を解除 SetAttr("-R")
隠しファイルにする SetAttr(2)
隠しファイル属性を付加 SetAttr("+H")
システムファイルにする SetAttr(4)
システムファイル属性を付加 SetAttr("+S")
アーカイブ属性にする SetAttr(32)
アーカイブ属性を付加 SetAttr("+A")
読み取り専用と隠しファイル属性を設定する SetAttr(3)
アーカイブ属性を持たないときはこれを付け、読み取り専用属性がついているときはこれを解除 SetAttr("+A-R")